dhomochev:

1397891806686.jpg
HK-DMblrからリブログ
n13i:


dukkha:

dtybywl:

ak47:

yuria:

明和水産

(via dyed)
二段階挫折からリブログ
1着 アポロマーベリック(五十嵐騎手)
「この馬は強いです。位置取りは決めつけず、スタートを出てと思っていました。2番手の馬の気配を感じませんでしたので、この馬のペースで運びました。最終障害の踏み切りが合わず、脚をぶつけてしまったので、その時は後ろを確認しました。僕自身、緊張はほとんどありませんでしたし、調教過程もすべて順調でしたから、しっかり乗るだけでした。今日は人にも馬にも余裕がありました。暮れ、そして春とGIを2連勝、もっと期待して、今年の暮れもいけるように頑張りたいと思います」

(堀井雅広調教師)
「強いの一言。余裕の勝利でした。自分でレースを作って強い勝ち方。五十嵐騎手との信頼関係もありますし、騎手が強い気持ちで臨んでくれることは嬉しいですね。課題も正直見当たりません。障害界を引っ張って行けたらと思います。この後は、中山大障害を目標に、ゆっくり休んで臨みます。まだ5歳、ここは強みですね」
アポロマーベリック(牡5、堀井)が圧倒的なスタミナを発揮して楽々と逃げ切った。スタートから主導権を奪うと、常に後続に4、5馬身差をつけたままレースを引っ張った。安定した飛越ですべての障害を余裕十分にクリア。最後の直線もまったく危なげなく押し切った。勝ちタイムは4分50秒7。これで昨年暮れの中山大障害に続いて、障害G1連勝となった。五十嵐騎手は「状態面も調整過程も順調だった。いつも通りしっかり乗るだけだった。馬は余裕でしたね。また暮れも狙いたい」と笑顔で話した。
シムシティ、わざとカジノだらけの治安の悪い街つくって、そっから他人の町に放火犯を送り込んだりできるので、対戦できるといえば対戦できる
HK-DMblrからリブログ
KingHalo.tumblr.comからリブログ
HK-DMblrからリブログ